効率的な駆除

害虫の生態を知って駆除する

ゴキブリ・ノミ・ダニをはじめ、住まいに潜む不快な害虫は、生態を知ることで効率的に駆除できます。夜行性であったり、高温多湿の環境を好むことは良く知られていますが、そのほか好むエサの種類や、卵から成虫になるまでの過程なども、害虫駆除の参考になります。また殺虫剤や忌避剤にも、それぞれの特色があります。即効性のあるもの、すぐには効かないが持続性のあるもの、侵入を防ぐもの等の違いがあり、駆除したい範囲や期間によって使い分けることが重要です。プロの害虫駆除業者は、以上のような情報に精通しており、効率的な害虫駆除が期待できます。自分で駆除するよりも費用はかかりますが、徹底的に害虫を退治したいなら有効な選択肢になるでしょう。

進化を続ける害虫駆除

一般に住まいの害虫は、寿命が短い代わりに繁殖力が高く、短期間に多数の世代交代を繰り返します。これは人間などに比べて、進化のスピードが速いということを意味します。ある殺虫剤で生き残るような突然変異が発生すると、たちまち種全体に広がっていく可能性があります。実際ゴキブリなどでは、殺虫剤に耐性のある個体が発見されています。ですから害虫駆除もまた、害虫以上のスピードで進化していかなければなりません。害虫駆除を専門にしている業者では、新しい殺虫剤の開発や、殺虫剤を使わない駆除方法の使用、駆除した後の再発予防など、さまざまな研究が行なわれています。このような研究が、安全で確実な害虫駆除に繋がっているのです。